よもぎ作りの三姉妹

         よもぎ栽培を『やろう』とした訳

 

私が、会社を創めたのが今から32年前。

最初は電子関係の仕事からスタート。

現在は、自動車部品の製造・検査が主な作業内容です。

下請けのため、景気に左右され苦しい経営状況も何度も乗り越えてきました。

そのため、常日頃から何とか安定した経営をしたいと考えておりました。

出来るなら自社製品で食品関係の仕事をと思っていました。

三年前の春先、いただいた草もちがとても美味しかったので、これは何とか工夫する事が出来るのではないか?と、ふと考えました。

本などで「よもぎ」の事を調べれば調べるほど、これほど身体によい食べ物は滅多にないと思い商品化を考えました。

そして何より、健康のためには毎日口にしているお茶にするのが一番よい方法だと考え、試行錯誤しながら現在に至ります。

 

 

我が社のモットーは、社員の幸福と共に地域にどれだけ貢献していけるかを重点においています。今回、新部門を立ち上げるにあたっては一番に考えたのが高齢者が元気に意欲を持って働ける職場にと思いました。いざ、よもぎ茶作りに取り掛かってみると、思った以上に高齢者の出来る仕事が多いことが分かりました。よもぎ畑の草取り・植え込み・収穫・洗浄・乾燥・カット・・・。仕上げはよもぎの袋詰め・販売。全ての工程で高齢者が出来る作業です。高齢者にとっては、身も心も健康になる職場つくりを目指しています。

 

 

 

 

よもぎとは?

日本各地で自生している、キク科の多年草です。

 

 

身近なところでは「もち草」の名で知られていると思います。 春の新芽をゆでてお餅に搗き込んだ「草もち」。

 

沖縄では「フーチバー」(ニシヨモギ)といわれ、いろいろな料理に使われています。 

 

また、お灸の「もぐさ」としても知られています。

 

 

 

よもぎの効果・効能

よもぎには、カロチン・クロロフィルム・ビタミン・食物繊維・鉄分・カルシウムなどが含まれています。

 

よもぎには、殺菌・保湿・食欲増進・胆汁分泌促進・止血などの作用があります。

 

また、女性に多い冷え性・更年期障害・手荒れ・肌荒れ・湿疹・婦人病・貧血・腹痛・胸やけ・下痢・便秘などにも有効であると言われています。

 

 

よもぎ部門組織図

 

 

次女のみよ子さんは社長さん。

すごいパワーで全国のお茶屋さん巡りと最高級のよもぎ茶作りに奮闘中。

味に妥協は許さない。

仕事の速さと適確さは天下一品!!

 

 

三女のふみ子さんは、よもぎ作りの責任者。

何事にも前向きで、仕事は一生懸命がもっとー。

よもぎ作りが成功するようにいつも願っている。

 

 

四女のみち子さん。

仕事に対しては、何が起きてもマイペース。

丁寧すぎるほど。

外面は癒し系。内面は・・・。

 

販売担当の五十部ちゃんです。

何時も穏やかで誠実に仕事をこなしてます

趣味は、書道、ボーリング、ゴルフ、エレクトーン、手芸など

いろんなものに挑戦してます。

 

 

販売担当の矢菅(やすげ)です。

より多くのお客様によもぎ茶、よもぎ風呂の良さを

知っていただくにはどうしたらいいのか考えています。